住宅地にあるレトロな雰囲気の隠れ家カフェ『CAFE QUMO(カフェ雲)』(千葉県白井市)

スポンサードリンク

白井市にあるオシャレなレトロカフェ『CAFE QUMO(雲)』さんを紹介します。
どちらの駅からも少し距離がありますが、地元の人に人気の隠れ家カフェです。
純喫茶のような昭和レトロな雰囲気もあり、年配の方と若い方が集まるとても居心地の良い空間です。

ほっと一息つきに立ち寄りたくなる、オシャレなカフェ

『CAFE QUMO(雲)』さんは北総線西白井駅と新京成線の鎌ケ谷大仏駅の中間くらいの場所にあります。
徒歩だと両駅から20分くらいはかかりますが、白井市循環バス(ナッシー号)の停留所がお店の前にあるのと、新京成バスの停留所が比較的近くにあるのでバスで来るのも一つの方法です。
ただし、バスの本数が少ないので事前に時間を調べておきましょう。
白井市循環バス(ナッシー号)の南ルート時刻表
※西白井駅と新鎌ケ谷駅から乗車可能、富士駐在所前降車
新京成バスの時刻表
※三本椚(さんぼんくぬぎ)降車 鎌ケ谷大仏駅からは七次台ニュータウン行きに乗ります。
富士駐在所という交番の前が『CAFE QUMO(雲)』なので目印にするとわかりやすいです。

住宅地にあるレトロな雰囲気の隠れ家カフェ『CAFE QUMO(カフェ雲)』(千葉県白井市)

入口に着くと看板があるので前まで行けばすぐにわかります。
車で行く場合は、店の前が駐車場になっており、3台まで停められます。

住宅地にあるレトロな雰囲気の隠れ家カフェ『CAFE QUMO(カフェ雲)』(千葉県白井市)

入口はこちら。
隣は普通の住宅ですが、いい感じに景色に溶け込んでいます。
そのまま奥へ進み右側に入口があります。

一人でも複数人でも入りやすい落ち着いた雰囲気

住宅地にあるレトロな雰囲気の隠れ家カフェ『CAFE QUMO(カフェ雲)』(千葉県白井市)

店内に入ると天井の高い開放的な空間が広がります。
天窓から差し込む光がとても気持ち良く、濃い色の木とのコントラストが隠れ家的な雰囲気を醸し出しています。

住宅地にあるレトロな雰囲気の隠れ家カフェ『CAFE QUMO(カフェ雲)』(千葉県白井市)

入口付近には作家さんが作った万華鏡が展示、販売されていました。
とても個性的な万華鏡です。

住宅地にあるレトロな雰囲気の隠れ家カフェ『CAFE QUMO(カフェ雲)』(千葉県白井市)

入口正面にはテイクアウトができるスイーツのショーケース。
レジ下やショーケースの下に貼られたタイル模様がレトロで可愛らしいです。
テイクアウトできるスイーツは日によって変わるのですが、ホームページで告知してあるのであらかじめ確認できます。

住宅地にあるレトロな雰囲気の隠れ家カフェ『CAFE QUMO(カフェ雲)』(千葉県白井市)

店内奥へ入ると4人がけの丸テーブルが中央にあり、他にも2人がけのテーブル席が4つほどあります。
テーブルやイス、床も木で統一されています。

住宅地にあるレトロな雰囲気の隠れ家カフェ『CAFE QUMO(カフェ雲)』(千葉県白井市)

カウンター席も3席用意されており、珈琲をゆっくりと抽出する様子が見られます。
じっくり抽出する珈琲の香りを楽しむ事ができます。
ちょこんと並んでいる照明もいい感じです。

住宅地にあるレトロな雰囲気の隠れ家カフェ『CAFE QUMO(カフェ雲)』(千葉県白井市)

ミートソースやナポリタン、カルボナーラなどのパスタにカンパーニュ。
500円以上の注文をすると飲み物が100円割引されます。
ランチ時にはベーカリーランチ・パスタランチ・フォッカッチャランチの3つのセットメニューもあります。

住宅地にあるレトロな雰囲気の隠れ家カフェ『CAFE QUMO(カフェ雲)』(千葉県白井市)

デザートには国産全粒粉と発酵バターを使った【雲のスコーン】やガトーショコラがあります。
こちらも飲み物と注文した場合は100円割引。

住宅地にあるレトロな雰囲気の隠れ家カフェ『CAFE QUMO(カフェ雲)』(千葉県白井市)

本日のおやつは9種類。
マフィンはブルーベリーとオートミール、バナナとくるみ、ダブルチェリー、とうもろこし、パイナップルとココナッツの5種類で全て200円。

住宅地にあるレトロな雰囲気の隠れ家カフェ『CAFE QUMO(カフェ雲)』(千葉県白井市)

シナモンロールにビスコッティ、ボルボローネもあります。
200円分のスイーツに珈琲もしくは、紅茶をつけた場合に600円になるおやつセットがお得です。

住宅地にあるレトロな雰囲気の隠れ家カフェ『CAFE QUMO(カフェ雲)』(千葉県白井市)

珈琲はケニアの旬な豆を使用した珈琲、ブレンド、カフェオレの3種類にアイスコーヒーが1種類。
おかわりは200円で注文できます。

住宅地にあるレトロな雰囲気の隠れ家カフェ『CAFE QUMO(カフェ雲)』(千葉県白井市)

紅茶はダージリン3種、アールグレイなどがあります。
珈琲よりも紅茶の方が飲み物は充実しています。

住宅地にあるレトロな雰囲気の隠れ家カフェ『CAFE QUMO(カフェ雲)』(千葉県白井市)

他にもハーブティーやアップルサイダー、アップル、オレンジジュースなどもあります。
こちらの飲み物はセットには含まれていません。

初めて来たら雲のスコーンは食べていただきたい逸品

住宅地にあるレトロな雰囲気の隠れ家カフェ『CAFE QUMO(カフェ雲)』(千葉県白井市)

きのことカンパーニュ(250円)とアイスコーヒー(550円)。
カンパーニュにきのこがたくさんのっています。
カンパーニュはサクサクの食感できのこのソースが染み込んでいてとても美味しいです。

アイスコーヒーはすっきり、コクがあります。
ミルクとガムシロップがついてきますが、そのままいただきました。
デザートと一緒に注文したので100円割引になりました。

住宅地にあるレトロな雰囲気の隠れ家カフェ『CAFE QUMO(カフェ雲)』(千葉県白井市)

さらに雲のスコーン(500円)も注文。
外はさっくり、中はしっとり。
半分にわると中からは全粒粉とバターの香りがふわっと広がります。
そのまま食べてももちろん美味しいですが、添えられた甘さ控えめの生クリームとはちみつをつけて食べると更に美味しさが広がります。

お店にお邪魔したのが平日の15時過ぎだったので、老夫婦や仕事の途中で休憩をしにきた方がいてゆったりとくつろいでいました。
おかわりも割引価格なので、本を片手に立ち寄ってゆっくり読書するのも良いかと思います。

白井の住宅地にある隠れ家カフェ『CAFE QUMO(雲)』の店舗情報

店舗名 『CAFE QUMO(雲)』
住所 千葉県白井市冨士96-129

アクセス 新京成線 鎌ケ谷大仏駅より徒歩20分
北総線 西白井駅より徒歩20分
新京成バス・白井市循環バスの利用がおすすめ
営業時間 11:30~18:00(L.O.18:00)
定休日 月・火曜日
電話番号 047-767-5445
駐車場 店の前に3台停められる
喫煙 完全禁煙
支払い方法 現金のみ
ホームページ CAFE QUMO 雲のホームページ
スポンサードリンク