一人で読書をしたくなる素敵な古民家カフェ&ギャラリー『ANTIGUA(アンティグア)』(千葉県流山市)

スポンサードリンク

今回は流山市流山駅から徒歩10分の場所にある古民家カフェ&ギャラリー『ANTIGUA(アンティグア)』さんを紹介します。
住宅地の一角にひっそりと営業している、知る人ぞ知る人気の古民家カフェ。
外にはテラス席があり、大変素敵な空間です。
古民家の和とデコレーションされたオブジェの洋がとてもうまく融合していて、非日常を感じさせてくれます。
一回行ったらまた行きたくなる、そんな気持ちにさせてくれるカフェです。

ここまで来たくなる、とても素敵な空間

一人で読書をしたくなる素敵な古民家カフェ&ギャラリー『アンティグア』(千葉県流山市)

流山市流山駅から徒歩10分の住宅地の中に『ANTIGUA(アンティグア)』さんはあります。
今年で100周年を迎えた流鉄流山線の流山駅が最寄り駅ですが、つくばエクスプレスの流山セントラルパーク駅からも来る事ができます。
流山駅はとてもレトロな雰囲気の駅なので、この駅から行くのがオススメです。
住宅地の中を歩いていると1軒だけ違う雰囲気を出している家があります。

一人で読書をしたくなる素敵な古民家カフェ&ギャラリー『アンティグア』(千葉県流山市)

看板はでていませんが、お店の前に行くとこの表札が目に入ります。
同じ敷地内に建築設計事務所(おそらく家族の方)があり、入口が二つありますが大きな入口なのですぐにわかると思います。

一人で読書をしたくなる素敵な古民家カフェ&ギャラリー『アンティグア』(千葉県流山市)

入口に入ってすぐ右手を見ると、とても素敵なテラスになっています。
石や土に生えている苔・草木は和の雰囲気ですが、テーブルやイス、ちょっとしたオブジェやテラスのウッドデッキが調和をとりつつもいい雰囲気を作り出しています。
外からはこんなに素敵な景色があるなんてわからないです。
まさに【大人の隠れ家】です。

店内は仕切りが少なく、天井も高いのでとても開放感があります

一人で読書をしたくなる素敵な古民家カフェ&ギャラリー『アンティグア』(千葉県流山市)

入口で靴を脱いで入るとすぐに素敵な景色に。
天窓から差し込む光が柔らかく包んでくれます。
こちらの6人掛けのテーブル。

一人で読書をしたくなる素敵な古民家カフェ&ギャラリー『アンティグア』(千葉県流山市)

左の奥の方が厨房になっていますが、この写真からはこの裏で忙しく調理している何て全くわかりません。
建物が作られてから60年近く経っているそうですが、古さを全く感じさせません。

一人で読書をしたくなる素敵な古民家カフェ&ギャラリー『アンティグア』(千葉県流山市)

庭をゆったりと眺める事ができるカウンター席。
この日は天気が良かったので、太陽の光が草木に反射して神々しい感じの眺めになっていました。

一人で読書をしたくなる素敵な古民家カフェ&ギャラリー『アンティグア』(千葉県流山市)

ソファ席でゆったりとくつろぎながら食事を楽しむ事ができます。
インド、アジア系の雑貨も飾られています。

一人で読書をしたくなる素敵な古民家カフェ&ギャラリー『アンティグア』(千葉県流山市)

こちらは2階の和室。
1階が混んでいる時だけ案内するそうです。

一人で読書をしたくなる素敵な古民家カフェ&ギャラリー『アンティグア』(千葉県流山市)

2階の1室はギャラリーになっています。
こんなに素敵な空間なのにリーズナブルで使えるので個展等に利用されてみてはいかがでしょうか。
ギャラリースペースについてはこちら

一人で読書をしたくなる素敵な古民家カフェ&ギャラリー『アンティグア』(千葉県流山市)

窓からは庭を見下ろす事ができます。
優雅の一言。

一人で読書をしたくなる素敵な古民家カフェ&ギャラリー『アンティグア』(千葉県流山市)

カフェテラスからの景色。
テラス席は入口付近に2つのテーブルと奥にも1席あります。

一人で読書をしたくなる素敵な古民家カフェ&ギャラリー『アンティグア』(千葉県流山市)

6月のオススメメニューはガパオライスと生春巻き。
残り1食だけ残っていたのでこちらを注文しました。
本日のケーキも日替わりで変わるのでしょうね。

一人で読書をしたくなる素敵な古民家カフェ&ギャラリー『アンティグア』(千葉県流山市)

通常のフードメニュー。
クラブハウスサンドイッチ(1,300円)と南国チキンカレー(1,300円)。
クラブハウスで使っているパンは浅草の老舗のパン屋【ペリカン】さんのパンを使っているのだとか。

一人で読書をしたくなる素敵な古民家カフェ&ギャラリー『アンティグア』(千葉県流山市)

バタートーストにはトッピングで小豆をつけられるので、名古屋で有名な小倉トーストのように食べられます。
他にも国産はちみつ、ゴーダチーズをのせる事ができます。
ロールパンにオムレツを挟んだオムレツサンドも美味しそう。

一人で読書をしたくなる素敵な古民家カフェ&ギャラリー『アンティグア』(千葉県流山市)

国産小麦を使ったオリジナルレシピのケーキ。
ホールでの注文も可能です。

一人で読書をしたくなる素敵な古民家カフェ&ギャラリー『アンティグア』(千葉県流山市)

大人の味のラムフルーツケーキ(450円)ににんじんのケーキ(400円)

一人で読書をしたくなる素敵な古民家カフェ&ギャラリー『アンティグア』(千葉県流山市)

和のスイーツ、抹茶あんみつ(700円)もあります。
コーヒーゼリーにアイスクリームやラムレーズンをトッピングをしたピーカンアホガード(850円)。

一人で読書をしたくなる素敵な古民家カフェ&ギャラリー『アンティグア』(千葉県流山市)

飲み物はコーヒー、紅茶、チャイ、ビール(ハイネケンのみ)もあります。
セットで注文した方がお得です。

どこを見てもオシャレで美味しそうなスイーツばかり

一人で読書をしたくなる素敵な古民家カフェ&ギャラリー『アンティグア』(千葉県流山市)

ガパオランチとクラブハウスサンドイッチのケーキ付きセットを注文。
手作りなので注文が入ってから調理にとりかかります。
注文から10分くらいでしょうか、アコースティックなボサノヴァがしっとりと流れていてゆったりとしているうち間にテーブルにガパオライスが運ばれてきました。

一人で読書をしたくなる素敵な古民家カフェ&ギャラリー『アンティグア』(千葉県流山市)

ガパオライスは鶏肉、玉ねぎ、ピーマン、パプリカ、ズッキーニと具が沢山入っています。
味付けは少しピリッと感じる程度の辛さで、香辛料も強くない日本人向けの味付けなのでアジア系料理や辛い物が苦手な方でも食べられます。
パクチーがのっているので、ダメな人はオーダー時に伝えるとよいでしょう。

きゅうり、にんじん、レタス、もやし、エビが入った生春巻きはレモン汁でシンプルに頂けるので、こちらも香辛料や辛い物が苦手な方でも美味しく頂けます。
全体的にボリュームはちょうど良く、女性によっては多く感じるかもしれません。

一人で読書をしたくなる素敵な古民家カフェ&ギャラリー『アンティグア』(千葉県流山市)

こちらはクラブハウスサンドイッチ。
味付けはサワークリームで中にはトマト、レタス、きゅうり、チキン、たまご、ハムが入っています。
パンは薄めでカリッと仕上げていて食べやすいですが、厚さがあるので縦に食べず横から食べるとキレイに食べられます。
ボリュームがあるので男性でもかなりお腹がいっぱいになるので、女性はシェアした方がいいかもしれません。

一人で読書をしたくなる素敵な古民家カフェ&ギャラリー『アンティグア』(千葉県流山市)

食後のアイスコーヒーはホットで提供されるのでグラスに注いで冷やします。
豊かなコーヒーの香りも楽しめます。
口当たりがまろやかでキリッとコクのある苦味でスイーツにとても合います。

一人で読書をしたくなる素敵な古民家カフェ&ギャラリー『アンティグア』(千葉県流山市)

ホットティーは茶釜で提供。
こうやってみると和の食器って可愛らしいですよね。

一人で読書をしたくなる素敵な古民家カフェ&ギャラリー『アンティグア』(千葉県流山市)

こちらは生姜のパンナコッタ。
すくうと生姜の香りが、口当たりはまろやか。
甘さは控えめだが、生姜の味がパンナコッタの甘さを引き立てているので後味が甘く感じます。

一人で読書をしたくなる素敵な古民家カフェ&ギャラリー『アンティグア』(千葉県流山市)

人参ケーキは生地に人参が練り込まれていて優しい味でした。

『ANTIGUA(アンティグア)』の店舗情報

一人で読書をしたくなる素敵な古民家カフェ&ギャラリー『アンティグア』(千葉県流山市)
店舗名 ANTIGUA(アンティグア)
住所 千葉県流山市加3-4-23

アクセス つくばエクスプレス「流山セントラルパーク」駅より徒歩15分
流鉄 流山線「流山」駅より徒歩11分
流山セントラルパーク駅から785m
営業時間 火〜金曜日……11:00〜16:00(ラストオーダー15:30)
土曜日……11:00〜17:00
定休日 日・月・祝日 (夏期・冬期 長期休暇あり)
電話番号 04-7158-8969
駐車場 有(4台)
支払方法 現金のみ
ホームページ http://cafe-antigua.com/
ANTIGUA(アンティグア)のブログ
スポンサードリンク